2014年7月9日水曜日

五月の香港のプライベートレストラン


黄金週間のあとに香港に行ってきた。
もう二ヶ月近く経ってしまいましたけど、同じスケジュールで友人夫婦の出張と重なったり友人と会ったり、連れは仕事していたし、みたいにかなりハードスケジュールな4日間だった。

友人夫婦と待ち合わせして行ったのが、ランカイフォン(香港島)にあるプライベートキッチンと呼ばれる看板を出していないごくごくプライベートな小さなレストラン。






マフィアのアジトかい?って見まがうような路地裏の階段を上がって白いドアを叩くとその中にはすてきなプライベートレストランがあったのだった。


料理はもちろん創作料理。 ワインは自分たちの好きなものを持ち込んでもお金を取らない香港らしいシステム。

ラインカイフォンとは、香港島側にあるそれこそ金融関係のエキスパット達が夜な夜な飲んだくれているようなエリアにあり、アタシはかなり昔の出張で泊まった界隈。

でもここ、もう一度行けって言われても行かれないかもしれない迷路にある。香港はパワーを貰える場所であるけれど、今回は友達の紹介のレストランにいやいや、本当にしてやられたという感じだったのだった。(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿