2014年4月17日木曜日

お寺の中のバーとレストラン

人づてに教えてもらった京都市内のお寺。
その中にバーと、精進料理を食するレストランがあるという。
タクシーの運転手さんに聞いても
「分からないですな」と言うばかり。


小さいお寺の奥にお庭を眺めるバーがひっそりとある。
お腹ペコペコの我々はビールにありつけハッピーに。
バーで飲んでいるうちに、日がだんだんと暮れてきた。
そろそろレストランへ移動。


これがほんとうの「隠れ家」っていうこと。
アタシはあえてこのお寺の名前を書きません。
(ごめんなー)



ここのお料理は、普茶料理といって、大豆でつくったウナギそっくり蒲焼きとか、栗にそっくりなものとか、ベジタリアンの上を行くビーガン(卵や乳製品も食しないベジタリアン)の食べ物なのでありまする。

どれを食べても、大豆で出来てるとは信じがたいくらい美味しくて
個室からライトアップされた中庭を眺めながらの食事を楽しみました。


京都にはほんとうに素敵な場所がたくさんあるのだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿