2013年6月27日木曜日

進化するパリのレストラン









 パリでは毎晩いろんな人たちとのディナーが続きました。
なかでもサプライズだったのが、ここ。
Senderensという高級レストランのカジュアル版(ラボ的)レストランに招待されました。

オーナーはお寿司やいろんなものにインスパイアされているみたいでおいしかった。
本当にパリの食文化は進化しています。

Senderens


ネオンネオンネオン!

今年は世界的にネオンカラーがキテるようで、パリもしかり、ワードローブのどこかに蛍光カラーの物を取り入れている女性を多くみました。
ショップの可愛いディスプレイ


ということでアタシもマレの小さなブティックでこんなサンダルを70ユーロでゲットしました。 目がチカチカする蛍光塗料色のヒモを足首にくるくる巻いて履きます。
こりゃーバカンスが待ち遠しくなります。

2013年6月25日火曜日

もう半年


バタバタしてたら2013年も半年経とうとしています。
今月はパリ、そしてベルリンへちょっくら行って先週帰ってきました。 パリは到着した日が27度と夏日。 ちょっと太陽が顔を出すと我先に裸になろうとするヨーロピアンたちでカフェはいっぱいでした。 

調子にのって薄着で出かけた土曜日の夜、ディナーを終えて外に出るといきなりの冷たい雨。そして明け方気づくとアパートの窓がいつのまにか開いていて気温は13度。ヒーターがうまく作動せずコートを着て待つ事数時間。(日曜だった)やっと管理人が来てくれました。 

翌朝は喉が痛くなってその先は咳コンコンの日々が続きました。

現地の人達でさえ「この寒暖の差にはついてゆけぬ」「二週間くらい喉がいたいよ」と不機嫌顔の異常気象はパリだけでなく世界中で起こっているようでした。

「リモワはベルリンで買え」と偉そうに書いたベルリンでリモワは果たしてお幾ら万円だったのか? ゆるめに続きます。

2013年6月5日水曜日

VIPが来日




今日のフランス語学校はちょっとした騒がしさだった。 パトカー、白バイ、機動隊、そしてSPらしきガタイのいい男性達で校舎の前の小さな広場は騒然となってた。 誰が来た?? と聞いてみたら、週末にフランス大統領が学校を訪問するのでその予行演習だそう。

税金使って大変なことだ。 でも何のために彼は来る?

2013年6月1日土曜日

リンゴちゃん




やっぱりお菓子つくるのは難しい。
分量きっちり計らないといけない。 大雑把なアタシはムリだ。

ほんと日本人にしては大雑把だと自負してた。 しかしフランス人には全然負ける!!! お皿拭くリネンで床を拭きますから彼らは。

アタシの友達のイギリス人ダンナは下着と一緒にスニーカーを洗濯機に放り込むらしい。 上には上がいるってことだ。