2012年7月10日火曜日

今日の与太話(タバコパッケージ Smoking kills...)


近年、海外旅行するたび気づくのは海外で売られているタバコパッケージに載っているショッキングな写真。

真っ黒な肺やボロボロの歯の写真など、それは目を背けたくなるようなグロテスクでショッキングな写真が貼ってあり、「あなたのカラダがこうなっても良ければタバコ吸ってくださいね」という警告で、タバコ会社がここまで教示することでスモーカーの自己責任を問い訴訟問題を避けようという目論みに、アタシは初めてみたとき「こりゃ凄い」ってかなりショックを受けた記憶がある(でもその時はまだ喫煙していた)。

こういうパッケージなんて日本のタバコ会社は絶対につくらないだろうし、未だにJTのCMは爽やかな雰囲気で「おもいやり、マナー守れ」重視にやっている。 国ごとの意識の違いや利権の問題など、みていて面白いと思う。

タバコと別れるのは何年も一緒にいたパートナーにさよならするよりタフかもと思ったけど、今となっては本当にハッピーなぜもっと早く別れなかったんだろう!!!と思う意味では効果は同じかも。
フランスのタバコ広告

0 件のコメント:

コメントを投稿