2011年1月31日月曜日

初氷点下

今朝の温度計はマイナス一度を表示していた。 

どおりで寒いはず。 モノクロでみるともっと寒く感じる。 おっとガソリンがカラではないの? と焦った7時29分だったのだけど、ガソリンといえばチュニジアの革命に連鎖してエジプトはたいへんなことになっていて、オイル価格は急騰しNYダウはお約束通り急落。 エジプトのカイロ博物館での粉々に割られたガラスケースとかミイラの棺が倒された映像を目にしてかなりショック。ヨルダン川付近もキナ臭くなってきていてるらしい。 寒い話題ばかりでおもわず昨日は湯たんぽをアマゾンでクリックした。(いきなり話題がゆるゆる)あれあれ、ドイツ製のやつですよ。夏は水枕に変身するの、カタチはレトロだけど色はポップ。 ドイツ製っていうだけで「ちゃんとしてるだろう」って思うシンプルなアタシ。実は大勢的中国大陸でつくっていたりして。

PS  グーグルアースで調子にのって遊んでいたらマジで乗り物酔いしてしまった。気持ちわる〜。 ズームインとズームアウトはほどほどに。

2011年1月29日土曜日

ググってトリップ

Google Earthがますます進化していたようです。

昨日はちょっくら月まで旅行してみました。 これといった観光名所もないので日帰りで帰ってきた次第ですが。















色んなところへひとっ飛びして地球だけでなくて宇宙にもバーチャルジャーニーが可能なのだ。ストリートビューもかなり詳しくなっている! Amazing!!
















引き蘢りの日々にはうってつけなヒマつぶしになりそう。



2011年1月28日金曜日

ふるさとへ

今週は目白に出没しました。

目白は自分の生まれたところなのだ。So, 自分のふるさと、ルーツ。目白から護国寺へ、そして神宮前へと両親が気まぐれに家を売ったり買ったりと引っ越しをして(飽きっぽい性格は飽きっぽい両親のDNAかもしれぬ) 一番長く過ごしたのは神宮前だったけど。 場所は変われど通っていた学校は目白にあったのでものすごく懐かしい場所。 でもここ何年も立ち入らなかったエリア。なんか、自分のいたところが変わってたらがっかりするかな?って思ってあえて見たくなかったのだ。

で、たまたま食事に行ってみたんですが。

毎日雨の日も風の日も歩いていた場所にいってみて、ほんとに多感な時期を過ごしたところは変わってた!っていうところと変わってないなーってところが混在してて行ったことのない街を歩いてたみたいな不思議な気分になった。 

駅はきれいになってるし、めじろ橋もあったし、方向オンチなアタシでも目つぶっても歩けるのがすごい。

子供の頃の記憶ってすごいなー。来てみてよかった。

待ち合わせしたのはおでんやさん。



目白で20年商売しているというおでんやさんで飲んだのだけど、さすがに10時半で店じまいするのは六本木とか麻布ではありえないタイムラグを感じましたが学生の街なんだしそれはそれでオッケー!合格!

でも懐かしかったなぁ〜

こういうのもある意味旅行のひとつかも?
飛行機に乗らずとも、視点を変えて新たに場所を見られるっていうのも楽しめるトラベリングかも!。

2011年1月27日木曜日

天空でほっとする

寒いの苦手なので最近はプチ引き蘢り。でも今日は天空レストランでランチした。ぬけるようにきれいな空をみていると、ちょっと気分転換になった。 となりのテーブルではシャンパンをあける人もいてヨダレ抑える。(いちおう勤務中ですからね)
でもって今日はちょっと素敵なことが起こったいい日だったのである!

2011年1月22日土曜日

モスさんと、秀逸ブログ

まえから書きたかったけどなぜか書かなかったことを書いちゃお。





ケイトモスって、海外でどうして人気があるのかずっと分からなかった。クラスに必ずいた、不良っぽい退廃的な女の子みたいな雰囲気、なんとなく「ズベ公」って感じの顔をしている。(ズベ公って言葉も言われなくなったね。) 
でもオトナの女性になった最近のケイトモスは素敵だと思うようになった。というかかっこいい。

自分の個性のほうが洋服に勝っているところが「ただ綺麗なだけの」ほかのセレブリティとは一味違う。 自分に合ったスカート丈、ヒールの高さを知っているから似合わないものは絶対着ない潔さがあるし、人ウケしようとするファッションじゃないところも好きだ。服が大好きで、人にみえるためでなく自分のために服を着るってかんじがする。なかなか出来ないこれが。

ところで街で人目をひく女性を観察していると、その条件って何かと考えると「透明感」かもしれない。年齢とともに日に日に薄れていく透明感って本当にはかないもの。せめて清潔感を保つことを心がけると近づくか?

魅力のある男性の共通点も、清潔感と澄んだ瞳。それだけでどんなアウトフィット何着ようと関係ないし、鍛えたお腹が8個に割れている必要なんてまったくない。(アタシはデブ専なので、とくに。)

流行より、自分の個性。最近の風潮にある『みんなにモテたい』っていうのは違うと思う。海外に行くと、自分のパートナーのために最高の自分を毎日みせている女性がたくさんいて、それはほかの人からみてもとってもキュートで幸せそうに見えるしね。

このフォトグラフだってなんか更生したヤンキーか、ロンドンの下町で酩酊してる感じですモスさん。



ある雑誌に載っていた、彼女が着ているこのコート。
黒のアストラカンにフォックス。

これと同じのをずっと探してたら、なんとあった!

買ったよ... また散財





ところで、いつもみているブログ。

自分のスタイルを持っている一般人のスナップショットを掲載しているこのブログ(↓)は秀逸。 やっぱりファッションって街からだなぁ!

Sartorialist
http://thesartorialist.blogspot.com/

Have a good weekend!!!!

Snoopy watch


スヌーピーの腕時計に遭遇。 時計ってひとつあればいいって思うので買わない主義なのだけど、これはちょっと考えるなー。

2011年1月21日金曜日

facebook

会社のPCでfacebookをやっている人達が多いらしく、アクセスにフィルターかける(2ちゃんも同じであったように)ことになるらしい。 ガイコクジンパーティでfacebookやってる?ってよく聞かれて、なにそれ?って感じだったけど、その後アタシもアカウントをあけたものの、ほぼ幽霊会員。

facebookはGoogleのアクセスを上回ったらしい。 創設ストーリーも映画化されたし。 でもどこが面白いのかアタシにはさっぱりわかんない。 ブログや他のソーシャルネットワークサービスと違って実名で登録するし、自分の写真にハートとか星をつけて顔を隠す(または黒く塗りつぶす←これすごい怖い感じがするのはアタシだけ?)日本人ブロガーでも、facebookには写真を投稿してる人が多いのもすごく面白いなぁとおもう。 お金儲けのマジックだなー。

2011年1月20日木曜日

京都の喫茶店文化

京都には昔ながらの喫茶店とか名曲喫茶とか普段なかなか足を運ばないところがたくさんある。 

アタシは起きたらコーヒーを飲まないと目が覚めない。オフィスに行ってタリーズのコーヒー、仕事の合間もガブガブ、そして寝るまえも。だいたい一日に5杯以上飲むので、スタバのラテからイノダコーヒの酸味の効いたの、インスタントまで色んなコーヒーを楽しむのが好き。でもコーヒーって人それぞれ好みがあるんだと発見。

今回はイノダの本店にも友達をつれていったのだけど、『ちょっとすっぱい』って感じで好みでなかったみたい。

ちなみに上の写真はお友達の経営するお店。 店内にはパバロッティの歌う『トスカ』のアリアが流れ、お客さんたちはコーヒーを飲みながらテノールに全神経を集中し心を委ねているようだった。 我々はとなりのバー(雑談用の部屋、ここでしかお喋りしてはならぬ)で『はやくビール飲みてー』とまったく違う空気。 鏡に映るは戦場カメラマンと化したアタシ。右はmi-chan, 後ろを亡霊写真のように歩くのは用心棒のchi-chan。

2011年1月19日水曜日

Hermes Fingerboard Skate Viral

Hermesのバッグで外縫いか内縫いかどっちがいいかと聞かれたらやっぱり内縫いのほうが好きだなー。外縫いの角のステッチって学生鞄を思い出してしまってさ。新しく買ったバッグの『いかにも昨日買いました』感がいやなので足でつぶして使い込んだふうに見せたいへんなクセってアタシだけでしょうか? 

並木橋にて

先週、今年の年頭目標がひとつ叶った日があった。 年賀状だけでコミュニケイトしてた友人と2年ぶりの再会。

プロのライターをやっているシングルマザーのYuとはひょんなことから知り合った。活字を職業にしてる彼女からみたらブロガーのたわごとなんてミトコンドリアの世界。彼女の幼なじみ連中も途中から参加し、色んなおしゃべり。 ソーシャルネットワーク、宗教、政治、プロ野球(?)の世界までとまらなかった。 まったくアカデミックじゃなくてかなり下世話だったけど。
違う世界で仕事してる人たちと話すのはすごく新鮮! 

相対的に自分がどうかを見ながら生きるのでなくて自分を楽しませないと苦しい時代と言うけど、先進国ではだいたいがまわりと比べて自分は幸せなのかって思いながら生きているから自由になるってけっこう難しいんだなと思った。


2011年1月18日火曜日

京都2日目は雪化粧

一夜明けた翌日は、うっすらと雪景色にかわっていてびびる。アタマの中につるつるの歩道で滑ってしりもちをついている自分のイメージが出てくるのを必死に消す。 マイナスをイメージするのは受験生のようにできるだけ削除することにしたので、2011年は。

そんな自己マインドコントロールをやってたら、お昼頃には雪がすっかり溶け、青空に。

兎さんが祀られている岡崎神社でお参りする。多産の兎は安産の神様。 でも今年は卯年ということで、安産祈願よりもそのキュートな兎ちゃんお守りを買う人たちでいっぱいだった。 滅多にお守りを買わないアタシも飛躍守という黄色い袋のお守りを買ってみた。ぴょんと右上がりに跳ねる兎の絵が袋に刺繍されていてかわいらしい。


岡崎神社からテクテク歩き、聖護院の西門前に店を構える河道屋養老へ。 この古いたたずまいにわくわくしてくる! こういう門構えを真似たお店は東京(人種がニガテな六本木ヒ〇ズとか)にもあるけれど、(for foreigner、外人接待用とか。まー彼らは何をみてもエキゾチックジャパン!に見えるので気にしないけど)  ホンモノとフェイクの違いかしら。

個室はいたって庶民的なかんじ

アツアツのそばすき。 鶏の出汁が絶品! もうあかんわー京都はおいしいもんづくしで太りそうやわぁ(俄京都弁失礼) と言いつつ、実は明け方まで先斗町で飲んでた (すっぽんのあと3軒) 翌朝だった。
なのに、澄ました顔で完食した我々、やはりすっぽんパワーかも。

Cさんに何が食べたいかと聞かれて『すっぽん挑戦したいんで、お願いします!』と東京からリクエストしたのはアタシだったのだけど、食べたあとに行った2軒目のバーでは確か、おもたせの鯖寿司と柔エビが出てきて、「ひとり4個ノルマね」 とか言われて全部食べたような気がする。 アタシの記憶が正しければ・・  
とにかく、京都には東京にはない個性的なバーや飲み屋さんがたくさんあって、落ち着いた雰囲気でとてもクール。 また来なければ!

そばすきをいただいて外に出ると、何やら騒がしい。

そうこの日は京都女子駅伝が開催されていた。駅伝も見られてラッキー。 そして優勝したのは京都チームだったということでおめでとうございました! 

PS 帰りの新幹線は、名古屋まで雪のためにノロノロ運転。東京には4時間以上かかって到着した。しかし次の日は新幹線がシステム故障で全線ストップというアクシデントが発生したのを知って再びびっくり。 




2011年1月17日月曜日

京都の長ーい週末

週末を京都で過ごした。 京都は夏も冬も厳しい! 駅を降りると街は氷のように冷えていた。  
まずは京都御所を散策。今にも雪が降りそうな空。


何の音もしない静まり返った庭にいると、しんしんと冷えてくる。

花咲く日までじっと我慢しているように梅の木に並んだつぼみたち。 見習いたくなるくらいけなげ(ムリ!) 春はまだまだ遠そうですなぁ。

京都御所からにぎやかな祇園へ移動して街をぶらぶら。

さてこれで終わるワケがない。


地元の友人Cさんが案内してくださったのは、昔遊郭があったと言われる一角。

今は住宅が立ち並ぶ静かな一角にある割烹へ。

今宵はすっぽん料理をいただくことに。











 


実は今まで食べず嫌いでフルコースは敬遠していたけど、とても美味しかった!
黄金色に輝く絶品スープは思わず瓶詰めにしていただきお持ち帰りに!

←ひとりだけ殿様椅子で『くるしゅーない』と言っていたのは用心棒のchi-chan。




お雑炊のまえにトライしてみたのは(にがたま酒)とメニューにあった品。 

胆汁を焼酎で割ったもの。 せーの、で一気に飲んだのだけど、今までで一番苦い飲み物だったかも。

食間に飲むと消化を助けてくれるらしい。『グラッパみたいなもの?』とうかがうと『そりゃちょっと違いますわなぁ』とやんわり否定された(爆)。

しらふで飲んだらこれ罰ゲーム?っていうくらいのシロモノだった。 





お店の外に出るとすでに小雪が舞い始めていてマジに極寒。 ロシア帽持ってくればよかったぁ〜と真剣に後悔した。

つぎは先斗町へGOどす。路地に入ると素敵なお店がぎょうさんありますのや。 

本気で雪が降りそうな予感を胸に、本気なクラブホッピングが始まった長い長い京都の一日は、まだまだ終わらなかった。

(つづく)

2011年1月10日月曜日

iMac!

iMacがうちに届きました。

今まで仕事も家もWindowsだったけれどMacのほうがプライベートは絶対に合っているかも。Windowsは左脳、Macは(ヴィジュアル中心なので)右脳が活性化するかんじ。

Apertureという写真用ソフトをインストールすると、あれだけ重かった写真をサクサクサクサクと、ものの見事に整理できた。あの苦労はいったい何だったのだ?

先週、職場のメールをiPhoneやAndroidなどデバイスからリモートアクセスできる許可がITから出た。だけど、iPhoneで仕事は御免という同僚と意見が一致。BBYで十分。やはりオンとオフは別にするべき。
これからしばらくMac修行僧!

2011年1月8日土曜日

新年会ランチ


銀座の岡半にて鉄板焼き。 

職場の肉食獣系の男性に

「今まで食べた肉系処で一押しはどこ?」と聞いたらここを教えてくれたので早速。

気絶しそうにおいしゅうございました。








岡半本店 (今半も美味しいけど岡半も美味い)
http://r.gnavi.co.jp/g080500/

香りに特化

特化、じゃなくてTOCCA。

店頭でひと嗅ぎしてはムエットを持ち帰りラストノートまでチェックするようになってから、無駄に買わなくなってきた。

だって、ほんとにフレグランスは増えていく一方。 そのひとの体臭と混ざって同じものでもまったく違う香りになるからフレグランスって面白い。 トップからラストノートまで香りは七変化するけど、寒い季節は「パウダリーなムスク」が残る重い香りが安心出来る。 

「Colette」と迷ったけど結局「Cleopatra」に。 パチョリという植物が入っているフレグランスが自分に合っていてアタマが痛くならないというのを最近知る。 

まことに官能的な香りに酔いしれる。 香りって大切です。

2011年1月6日木曜日

初整体と、2011年の指南、そして初買い

今週。  

銀座の整体の先生のところへ行った。 ことし初整体。 

横になったアタシの身体をちょっと触っただけで、相変わらず「うひゃーっ」ってリアクションのあと、「足首曲がってる」 「腰ねじれてるし...」 「相変わらず脚組んでるでしょっ」 と、先生ブツブツ独り言いいながら1時間。 ここはボキボキと骨を鳴らす整体ではなくて、じんわりと、説き伏せるような施術で真面目に身体の位置を治してくれて、すっきり。

先生いわく、正月明けはとにかく「ぎっくり腰」と、「寝違い首」で開店同時に駆け込む人たちが沢山いるらしい。 寒さと気の緩みらしい。 でも今年はそういう人が少ない、それは今年の東京は暖かかったからじゃないかということ。 冷えは大敵ということ。


そして、指南役の蓉子さんのところへ新年のご挨拶。
2011年の心構えをご指南していただく。 内容は内緒だけど(個人情報) 結論からいうと、「決してふてくされずに」 「笑顔を絶やさず」 「人物評価を問われる年なので注意」 ということ。 飲んでもヤサグレ系にならないように気をつけます。 旅行は相変わらず吉らしい。

で、

「日本では服買わない、ほんとに高いし。」って心に誓ったにも関わらず、セール祭りの巷は誘惑の嵐。 このワンピースは、ギリシャのB2って知る人ぞ知るブランドで、これにミラノで買ったグレーのニーハイブーツを履くと週末&パーティにいいかなーと・・・ (半額なのでやっぱり買っちゃった。) 波動砲発射しそうなゴジラと謎の紳士は手作りの刺繍で凝ってます。 

2011起動開始。 

2011年1月5日水曜日

スローにガンガンと行く


正月明けの仕事初め。 エンジンをかけてアクセル踏み込んでもなかなか動きださないクルマのようなアタシだったが、ようやっとギアをセカンドくらいに入れたくらいになってきたスロースターター2011。(がんがん行くぜー。はどうした?)



年賀状でしか連絡をとらない人が沢山いるのだけど、必ず「今年こそ是非会いましょう」って書いてある。 でも会ったためしがない。 社交辞令もあるかもしれないけど、実際みんな物凄く忙しい人たちばかりなのも事実。 今年はそういう友人達と再会するのを念頭にしてみるのもいいかも。 ちょっと緊張するけど。 毎年知り合った人と交換した名刺がアメーバのように増えていくのだけど、今年はその中の何人と親しい人になれるのかなー。 一期一会、ほんとに実感。

2011年1月2日日曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

Happy New Year to all,
May this new year bring love, happiness and delight in your life!
I wish you all the best!!!


初夢は何をみられましたか? アタシはというと、赤坂御所の園遊会への招待状が送られて来て「ぎょぎょぎょっ」と、びっくりした夢でした。 その招待状にはなんと、「紫か、水色の五つ紋の和服で来るべし」と書いてあって、「キモノつくらないと・・・また出費かー。」とアタマを悩ましてお金の計算をしているほんとに下世話な夢でございました。 

しかし数年前にみた初夢(Fラーリに乗ったボスが、「レポート早く書けぇ-!」と、後ろから猛スピードで追いかけてくるって・・B級ホラー!)よりかなり改善されてているような・・・

とにかく、妄想は元旦から始まっているようです。 
今年は(も)、Joy and Freedom を心に生きようと思います。
2011年もガンガン行くぜー。 力石徹は1日で復活したぁ・・・(はやっ)