2011年12月31日土曜日

タンタン(ティンティン?)

仕事納めの夜、Lauderdaleで腹ごしらえをし、「タンタンの冒険」を観てきた。


入り口で3Dの眼鏡をもらって劇場に入るとガラガラ。5組くらいしかいないじゃないか! 
すべてをCGでつくったこの映画、3Dはカッパお化けの「アバター」以来。 タンタンの顔は産毛までみえるきめの細かい映画。さすがスピルバーグ先生。

ベルギーで描かれた漫画で主人公の名前の読み方は(タンタン)だけれど、ハリウッドに来ると声優は(ティンティン)と英語読みの発音になるのだ。 
タンタンの愛犬、スノーウィーがいい味出してて可愛いのよ。欧米人って白い犬にスノーウィーって名前つけるの多いね。白=雪。 うちのワンコも白いからシロちゃんなんですけどね。 3Dに酔いそうになるけどなかなか面白い。 映画の中に出てくるモロッコに行きたくなったよ。 

ユーロ100円切った仕事納め


やーっと仕事納め。 長かった一日、ランチ難民になりそうだったのでランチはピザデリバリーで乾杯、マーケットひけてモエシャンドンのロゼをオフィスで開けた。 なに優雅なことやってんだとツッコミが入りそうですが、「これが最後の乾杯かもしれないから」という気持ちを込めた打ち上げだったのです。(なんちゃってね) 

なんて思ったら、ユーロ円は10年半ぶりに100円切ってましたな。 夜中の東京タワーは上のほうを持ったらポキッと折れそうな凍ってる棒に見えた。

2011年12月29日木曜日

カニまつり




旅行から帰ってくるといつも起こる脱力感。 というか年の暮れになると「あしたのジョー」の力石徹みたいに脱力感に襲われちゃう時が多いんですよ。 リングコーナーのイスに座ったまま、世の中のことどうでもいいやって燃え尽きちゃったみたいな。 この数日そんなかんじだった。

でも赤坂の韓国カニ料理店にまたまた行って食べて元気になった。 明日は毛穴からニンニク臭でそうです。

2011年12月28日水曜日

One chilly morning


ごっつ寒いです。  
もうすぐ2011年も終わろうとしている。
3.11の日、だんだん揺れが大きくなっていくオフィスで「このまま死ぬのかもしれない」と、生まれて初めて(死)が見えた。 ニュースに流れる想像を絶する映像を毎日泣きながら観てた。 たまたま違う場所にいたから自分は偶然的にまだ生きていると思った。 人生は一回きりしかないと今まで以上に痛切に感じた今年だった。 

何が起ころうとも毎日同じように日は昇って朝が来る。朝の空は美しい。

2011年12月27日火曜日

Beauty tool ハサミの話



髪の毛がのびてくると多毛症のアタシはどうしてもボリュームが出過ぎて、キノコみたいなアタマになってくる。 しかし美容院に行くほどではないし面倒くさい。で、気になるところをチョキチョキしてた、それもキッチンにある適当なやつで。

注)写真は記事とはまったく関係ありません
ほんとは美容師がするみたいに、毛の束を人差し指と中指にはさみ、毛先に対してハサミを垂直にチョキチョキ!と入れて毛先だけシャギーにしたいのだけど、紙切り用ハサミでシロートがそんなことすると「あ・・やっちゃったよ」当然ムリに決まってる。

しばらくして美容院に行くと「自分でここ切ったでしょ」とちょっとムッとされる。(どんな美容師でも同じリアクションね、is it プライド?) へへへ・・・と笑ってごまかすんだけど、なんで自分の髪自分で切って文句言われるんだ?と思ったりもする。

で、見つけましたよ。セルフカット用の髪切りハサミ!
これカットバサミとペアになっているのだけど、こっちのすきバサミが秀逸。 ザクッと入れても適当なシャギーが入れられる。 オッケー! 合格!
アマゾンで売ってるの。 これナイスですよ。

素敵なワイン


今日うちに帰ると素敵なお歳暮が届いていた。
これは新潟上越でつくられた深雪花(みゆきばな)というワイン。

送ってくださったのは、かなり前にパーティで出会ったかたなのだけど年末になるといつも素敵なギフトを送って下さるだけの不思議なご縁。 このワインはそのかたの故郷でつくられたものらしい。 椿の絵のラベルも美しく、味はまろやかで甘酸っぱい果物がミックスされたようなアロマ、慎ましく上品な日本人のような味でした。

2011年12月26日月曜日

Nice snapshot in winter

友達Matsuから送られてきた砧公園でのスナップショット。

写真を見る限りこの極寒でワイン2本あけてるみたいだけどアウトドアで飲むワインは格別ですな。

昨日のことはもう過去のことで忘れることにしているので一日の終わり忘れないうちにブログに記録しておく。 明日のことはまた明日。 一番重要だけどなかなか出来ないことは今現在をちゃんと生きること。 大切な人と一緒にいても心がどっかに行ってしまっているのはもったいない。 

そんな感じで(どんな感じなんだ)2012年もやって行こうと思ってる。

台北を散策


台北の天気は薄曇り、それでも気温は13度くらいなので東京よりずっと暖かい。市内にそびえる台北101に遊びに行ってみました。 







ルイヴィトンのディスプレイ可愛い
台北101は高さ509.2mでアラブ首長国連邦のブルジタワーが建てられる2007年までは世界一の高さを誇っていたビル。ハイエンドのブティックやショッピングモールが4階まで沢山、活気があって楽しい。そして新年カウントダウンで101ビルの全体からロケットのような花火が発射されることで有名。見てみたいな。 

展望台へ昇るのは20分待ちだったのでギブアップ。食べるほうへ移動!


鼎泰豐 
言わずと知れた小籠包の老舗。バランスのとれた大きさと味は絶品!
ここ一日に出されるセイロの数は1,000セイロ以上だそうです。


一昨年行って唸ってしまった美味しい茶葉料理のお店、竹里館に行って再び唸ってしまった雲南省の紅茶で薫製したポークリブ。この繊細な味はどうやってつくるのか?レシピ欲しい! 
薔薇の花がデコレイトされたクリスマスツリーも風情がありました。

ところで今回、松山空港から入ったのだけど、市内からクルマで15分足らずの超便利な空港、着陸する時は低空飛行で街の上をかすめて行くのです。 眼下には台北101やネオンサインが煌めくビルがジオラマのように見え、まるで昔の香港の啓徳空港を思い出させ、かなりスリリングでした。

台湾の温泉へ

三連休は台湾で過ごしてきました。
羽田から飛んで台北の松山空港へ。台湾は二度目ですが、このアクセスの良さ、週末の弾丸旅行に本当に便利です。

今回は台北中心からクルマで30分ほど行ったところにある温泉町、北投(ベイトウ)に行ってみました。 行ったのはVilla32 (三二行館)というスパ&ホテル。
ここはRelais & Chateauxというホテル会員組織に加盟していて、日本は修善寺の(あさば)や箱根の(強羅花壇)その他がメンバーとなっているそう。

このホテル、32という小さなサインしか出ていないのでタクシーは思わず素通りしてUターンしてしまったほどわかりづらい。





中の様子がまったく分からないエントランスから中庭にはいると、贅沢な空間がひろがってとても洗練されたリゾートの雰囲気。人工池からほのかに硫黄の香りのする湯気が立ち上っていました。 

温泉は久しぶり。温泉はゆったりのんびりできて極楽! 日本の温泉と湯の質がすこし違うと感じました。

日本は温泉まで行くのに遠いし道路は渋滞するし混んでるしで、あんまり行きたいと思わないのだけど、このホテルのように都市から近いところにあるならしょっちゅう行くかも、と思ってしまったのでした。 日本はすべての物価が高過ぎるね。

Villa 32
http://www.villa32.com/

2011年12月21日水曜日

ゆく年くる年忘年会


明日からしばらく日本を離れますので(え?)其の前に今週のこと。

世界一美味しいとアタシが信じてやまない北京ダックの店で「国境なき食い歩き団」の忘年会。 今年はあまり会えなかったけどみんな相変わらずアクティブに生きている愉快な仲間の宴席はいつも屈託の無い会話と笑いで最高にくつろげる。

旅のエキスパートばかりなので話題はもっぱら旅のことに。年末に53回目の香港入りを考えている超マイラー、サンクスギビングには手持ちのファンドを取り崩すくらいの買い物をする超ショッパーマダム・・・ 「オレは東南アジアはありえない」と豪語する超アメリカ思考のスーパーバイザー・・・ まーみんなそれぞれの情報交換をしては次の旅のことで盛り上がる。

アートのような盛りつけの前菜(葉っぱの絵はキュウリ、鳥は人参)と、コクのあるスープも絶品。
 目の前で切り分けてくれる北京ダックは、まず最初に皮の部分を切ってくれて

まず最初に砂糖をかけて食べる。ジューシーな皮が砂糖と一緒になって口の中であっという間にシュワーっと溶けてしまいまるでお菓子を食べているよう。

いつも気になっていた、取り分けた後の北京ダックはどうなるんだろう?って疑問。食いしん坊としては、切り分けてもまだ十分食べられるところを残したまま奥へ持って行ってしまうのをいつもじーっと見てた。 

お店のひとに思いきって聞いてみると、
「皮以外はスープに入れたりしますが・・・だいたい捨ててしまいます」

えー!もったいない!食べたい!と言うと

「もし宜しければ持って帰られますか」

もちろんイエス! ってことでまるごとお持ち帰り用に包んでもらう。

味のしみこんだ肉を細かく削いでサラダに乗せたり骨近くのところはワンコにあげたりして(クリスマスだから特別だよ)存分に楽しませていただいたが、何かが足りない。 

脂っこいダックはタレとネギとモチモチのクレープとの三位一体で成り立っているのだと分かった夜であった。

全聚徳(ぜんしゅうとく)
http://www.zenshutoku.com/


A votre sante!!! (乾杯!)

この時期になると赤と白の服を着た浦安のネズミたちがやたらに騒いでうるさいですねー。 オフィスはだんだん人が少なくなってくる時期で、昨日から年賀状を書き始めたりカレンダーやダイアリーの発送をしたりしています。 ボス達はそれぞれ南の島へhidaway 年明けまで出てきません。

今週ちょこっと出かけて巻き込まれてしまったミッドタウンの渋滞、人酔いした銀座の賑わい。 麻布十番のビストロですごく静かに食事。 やっぱり静かなのがいいです。


Je vous souhaite une tres bonne annee 2012.  A votre sante!!  ゆく年来る年に乾杯! 

Le Petit Tonneau Azabu-juban 
http://www.petitonneau.com/jp/sas/welcome/top/

2011年12月18日日曜日

ホームパーティ

今日の午後は友人夫婦の家にお呼ばれし、最近の高層マンションってすごいわーなんて関心し素晴らしいビューをみながらワインをいただきお喋りしてるのもつかの間、チビちゃんから「本気で遊んでぇ〜」攻撃に遭ってしまったのだった。
「もう一回!!もう一回!やってよおばちゃん!!!」
押し倒されそうになるアタシ(うそ)
「おばちゃんゲームヘタクソじゃん」
しかし最近の子供はすごいね。3歳でもうすでにパパのiPadとiPhoneを操ってますからね。サッサッとスクロールする手つきも大人並みだし自分のお気に入りのゲームアプリをちゃんと認識してて、アタシが選ぶアプリは「No!!」って却下だよ。ひー末恐ろしいぞ。 

アタシ子供がすごく好きでもすごく嫌いでもないのだけど(しつけの出来た可愛い子供は好きよ)なぜか子供に好かれて遊び相手のターゲットになる。なんでか自分でも分からない。「今日は連れて帰っていいですから。一日お願いします」ってハンパないわんぱく坊主の親御さんから言われたこともある。しかしおばちゃん疲れたわー。チビちゃんカメラマンのおかげでアタシのiPhoneの写真は一気に50枚近く増えてた。(しっかり自分撮り連写だよ)子供は可愛いけど子育てってほんとに大変ですよね、尊敬します。

iPhone goods

iPhone4Sに機種変してから快適な毎日。
もうiPadはいらないや!と思ってます。

で、iPhone用アクセサリーをいろいろ物色しているのだけど、けっこう面白いものが出て来てる。
蛍光色のケース。 闇夜でも光るのは暗いお店やクラブでめだつ。


レトロな黒電話にiPhoneをセットしてつかうガジェット。セット中は充電も出来る。

これは説明不要、iPhoneにつなげて受話器でもしもし? こういう無駄な遊び心のあるグッズって大好き。

ミュージックバルーンスピーカー。 iPhoneだけでなく、ミュージックプレイヤーやケータイにつなげて音楽を鳴らすスピーカー。 これは旅先のホテルで音楽を聴きたいときにいいよ! ただし音はモノラルなのが難点のど飴。






日本が世界に誇る食品サンプルシリーズカバー。

オムライスつきケース、フルーツタルトケース、日の丸弁当ケース、しゃけ弁当ケース。 合羽橋大好きなアタシも、これはちょっとな・・・ 外国人へのお土産ににぎり寿司USBを買ってあげたらすごくウケてくれたのもかなり前。 今はこれがお土産にウケること間違いなし? クリスマスプレゼント、これにしようかな?

おまけ)Appleのテレビコマーシャルのナレーションが英語を直訳したような日本語の喋りでイラっとするのはアタシだけ?

2011年12月17日土曜日

富士山と、歩く事


今日はピラテスのプライベートセッションへ約3キロ半の道を歩いて行く。往復7キロのウォーキングも全く辛くない今日この頃。311の日からこれから何があるかわからない、歩くことに目覚めわざと疲れる負荷のついたスニーカーを履いて歩き始めた。ミャンマーの山の階段777段を楽々登れたのはそんな訓練があるからこそ。走ったりする激しい運動は活性酸素を増やしてしまうので歩くことが一番自分に合ってるし。ピラテスのスタジオから山の向うに富士山がアタマをひょっこりのぞかせていた。富士山をみると「今日は縁起がいい」なんて感じる自分はつくづく日本人。

アタシが履いてる負荷つきスニーカーはfitflopといってゆりかご型のソールになっているエクササイズシューズなのだけど、これはビーチを歩くのと同じ負荷がかかる構造になっているので腰から腿、ふくらはぎまでかなり鍛えられます。最近はこんなfitflop ブーツも出ているらしい。これ欲しいな!


アマゾンでも売ってるようです。