2010年10月30日土曜日

リモワはベルリンで買え

アタシの旅のお供はリモワなんだけど、インドに連れてって今までにないくらいダーティーになって帰ってきたのだ。 いい感じによたってきて益々いい感じであるが、まだ年季が足りない。 もっとくたびれて欲しい。

べコベコだけどファスナー開閉リモワはほんとうに優等生。 空港で忘れた荷物を入れるにもファスナー開いてちょこっと隙間から入れてOKだし。 (空港のすみでスーツケース全開にしてモノを入れるのってちょっと恥ずかしいんだよね)、足で蹴っ飛ばしても高いところから放り投げられるどんなバゲージクレイムでも大丈夫。 手のかからない子供って感じで楽ですわよ、奥さん。 

ちなみにxx年前に香港で買った黄金のゼロハリバートンもクローゼットに眠っている。パリでひったくりにあったときもそいつだけは重すぎて残ってた。  

しかし! 本気で放り投げると中身が壊れるのがゼロハリバートンで、リモワはバッグだけが壊れて中身は無傷なんだって。 (ほんまかっ)

リモワはドイツで買うと三分の一の値段だそうです。 日本は高いよね。 リモワ8個持ってる友人は、ベルリンで買ってくるんだって。 へぇー。

0 件のコメント:

コメントを投稿