2010年7月31日土曜日

I luv shoes!

ローヒールの靴をいつも履いていると、足の形が変わるって気づいた。 かかとの高い靴は確かに足に悪いしマッサージに行くと「足首がカタイ」と注意されてしまうが、ペタンコ靴に慣れると足の形がホントに悪くなるよ!


今日の午前中は靴を整理。 「靴は履かないと逆に痛むから順番に履かないとだめ!」と靴屋に言われたけどやっぱり気に入ったのしか履かない。 何足あるのか数えてみたことはないけどしまってあるのも入れればかなりな数のはず。 ブランドにはこだわらず見て気に入ると色違いでまとめて買ってしまうので知らない間に増殖していく。 ハイヒールを履くと軽く180センチの大女になるけど、気持が上がるのはやっぱりハイヒールだから。

靴フェティッシュな自分は男性の足元も結構みてしまう。 服より靴にこだわりを持っている男性は素敵なひとが多いんだよね、それがスニーカーでも革靴であっても。 靴みるとその人の価値観が分かる。

さてさて、そろそろ秋冬ものをチェックしているけれど、今年はブーティが欲しいと思ってる。
Alexander Mcqueens famous Armadillo shoe↓ これは行き過ぎ。 ペリカンかっ



おまけ)  ブランド物の正しい使い方っていうフォトを見つけた!

マーク・ジェイコブズ(左)と、彼のパートナーのバカンス。 バーキンとLVをビーチに持っていくことこそが、セレブリティの証? (LVには砂ついてます) 好きなものはこうやってガンガン使い倒さないとね! 

Kato's

昨日は某ホテルのバーKato’sで軽く飲んだ。

このバーはなぜか「サザエの壺焼き」があるので食べてみたけど美味しかった。 サザエのグロテスクな緑色のしっぽが大好き。 甘くて苦くて不思議な味。

途中からお客さんは誰もいなくなってパーフェクトな貸しきり状態! 金曜なのにどこもガラガラだった。

2010年7月29日木曜日

振り袖防止トレーニング開始

お取り寄せしたものが届きました。



















ジャーン! シェイク・ウエイト。
 
最近、二の腕がヤバイので。 
ウェイトは落ちた分、余った肉が振り袖になりヒラヒラしないよう (ぎゃーっ) ネットで見つけて早速買ってみました。

このダンベルを上下に振って、その勢いでダンベルが動き出したら それを手で6分間持っているだけ。 重りとスプリング(バネ)の自然の上下動によってその振動で腕がシェイプアップされるというのがそのメカニズム。 1日6分これを振るエクササイズで上腕三等筋を鍛え、振り袖二の腕が引き締まるらしい。 腕立て伏せするより持って振るだけ(1日6分!)でラクそうって思ったので・・

でもやってみると結構きつかった! 


片手は結構きつい!
(付録DVD)






後ろで振るのはもっときついぞ

6分って微妙な時間は結構長い!
でもこれかなり効くかも。
よしよしっ



ミッシェル・オバーマの美しい二の腕をイメージし。 



















トランポリン買ったし(3跳ねくらいで頭痛)、ビリーにも入隊したっけなー 
さていつまで続くのか。



2010年7月28日水曜日

使い方がイマイチわからない


友達からFacebookの招待(?)を受けてだいぶ前にアカウントを開いたのだけど、この手の遊び方ってのがイマイチわからない。 友達は開けたときから変わらずの9人。 Twitterもわからないわ。

ところで、 うちのオフィスの廊下にいた「出入り業者の営業」 と思われる男性2人。

先輩らしい男性が、もうひとりの男性に大きい声で説教していて、その理由はどうやら「君が暑いからとネクタイしないでいると、下の連中もそれでいいんだと真似してネクタイしなくなるじゃないかっ 調和を乱すのだよそれがっ」 ってことのようだった。 言われているひとは前のめりに近い直立不動なスタンスで、「はいっ」 しか言わない。 人形のようだった。 

日本の会社ってそんなことでボスに注意されるの? それともレアな会話をたまたま聞いたのかしら。 何かそれにしてもたいへんねー。 チョーワなんて言葉、2万年ぶりに聞いた。 っていうか自分のオフィスで説教しろって話だけど。 

あ、こういうのをTweetすればいいのか! 

2010年7月27日火曜日

Hot summer curry day



昨日は土用の丑の日で鰻を食べ損ねたので、今日のランチをトライしてみたら鰻屋さんは満席。 50分待ちと言われ、耳元でインドが呼んでいるような気がして久々にTAJのカレーを食べに行った。

暑いのはまったくオッケー(寒いのはもう200%だめ、いわゆるそれは罰ゲームだし)なのでこの猛暑でも室温27度にしてるし夜はエアコン切って寝る。 夏は暑くなくちゃ夏じゃないよ。 ガツンとくる辛さでもっとホットになりました! 

インド料理といえば、六本木ミッドタウンにあるNIRVANA NYもいける。



ここは創作系のインド料理を出すのだけれど、インド人のビジターを連れていってとても気に入ってもらえた。 インド人のビジターとのランチョンミーティングには「CoCo壱番屋」のカレーを買ってきて出したこともある。 なんとそれも気に入って親指立ててた。 次来たときはやっぱり「ボンカレー」だな。(古いし) 

2010年7月25日日曜日

引き寄せ


久しぶりにこんな本をひっ張り出して読んでみた。 目の前に起こる出来事やかかわりあう人たちはすべて自分が望んで出てきたもの、という法則で宇宙は動いているらしい。 ストレスにしても、自分の心が勝手につくっていること。 そして、類は友を呼ぶって本当だとおもう。 政治家を見ているとつくづくそう感じる。 自分の念が磁石のようになっていろんなものを無意識のうちに引き寄せているとつくづく思った。 

2010年7月24日土曜日

iPhoneのnew function

今日は二日酔いのマターリデイ。 
 
お風呂に1時間くらい入ったり、滅多にみないテレビを観たり。
iPhoneを整理した。 アプリのホルダー、これ逆に使いにくいんですけど!(目が悪くなりそう)

IT社長にApple信者になるな!と怒られた夕べ。 
その心は、「iPhone持つようになるなんて、そんな俗っぽくなるなんてオレはがっかりしたよ」 だって。 そういう社長のケータイ、iPhoneなんですけどね。 ITのエリアの人たちは時空を超えた強烈なこだわりがあるらしいのよね。 

PS ケータイには便座にある何倍ものバクテリアがついているってフランス2のニュースでやってた。 適度に暖かいので繁殖には最適なんですって。 ひぇー ばっちいね。

今日は二日酔い

昨日はボストンから出張で来ていたIT社長と久しぶりに会う。

彼はアタシのことをいまだにヒメと呼んでくれる超貴重な人材である。 ヒメと呼ばれるのは当たり前だった時代なんて思い起こせば30歳くらいまでだ。 30過ぎたらそんなことを言う男性は何かおかしいんじゃ?何かあるんじゃ? と疑うべきとアタシの辞書にある。 彼はまともな人だと信じているが。 まーそんなことはヒマラヤの頂上くらいにおいといて。

ここは我が母校のある本郷の赤門(もちろんウソです)の真向かいの道をちょこっと入ったところにあるお寿司屋さん。

帝国大学の先生や学生たちが集うだけあって本がいっぱい。 文豪の本から、いじわるばあさんの漫画まで幅広すぎるし。

江戸っ子のおやじさんと、息子さん。

色いろなおつまみが出てきて、握りになかなかたどりつかない。 

グレードの高い日本酒の数は日本有数と思う。 飲み方の順番も決まっているのだ。






シュワシュワ酒(発砲にごり)は、お米の磨き方がミクロレベルなので美味しいのだという。 なるほど、お米が小さくなればなるほど日本酒の味が繊細になるのね。 こんなちっちゃい米粒になったら、米粒に筆で字を書くひとは困っちゃうねーなんて考える必要はないけど。 



ご馳走さまでしたーと言ってカメラを向けるとポーズをとってくださるお茶目な店主。 

お鮨の写真はあえて載せない。というか撮るの忘れるくらい素晴らしいネタと日本酒なので、酒飲みのひとは是非行って至福のときを味わってください!




というわけで、今日は久々の二日酔いに。 猛暑の下界からずっと引き篭もりの一日。

食べログの記事を。 
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13003521/

2010年7月22日木曜日

What to pack?

最近トリー・バーチの服をよく買っている。 
伊勢丹2階にあります。
 


このキャメルのサンダルが今欲しいもの!


Source: Tory Burch's Blog

2010年7月21日水曜日

トラベラーなひとたち

先日乗った個人タクシーの運転手さんは、今までの渡航国が60カ国という。 今年2月にはアフリカに行き、キリンやゾウを見て感動したとおっしゃる。 「あなたはまだまだこれから行けるけど、僕はもう先が短いからどんどん行かなくちゃね。 60カ国なんて、世界の半分も見ていない。これからも旅しますよ!」 ということ。 「どこの国が一番良かったですか?」とうかがうと、「アラスカの自然遺産が素晴らしかった!」 と、詳しく教えてくれた。 (アラスカと言われてまっ先にサーモンがアタマに浮かんだ食いしん坊万歳なアタシ・・・) ちなみにお歳は75歳とのことだけど、60そこそこにしか見えないし、「今日は炎天下でゴルフしてきちゃってさー参ったよー」 と笑っていたファビュラスなオジサマだった。 

そういえば昨日ワインの会に呼んでくださったSai先生はリシュケシュへ行きたいとおっしゃっていた。 リシュケシュといえばインドにあるヨガの聖地。 「一ヶ月ほど滞在してヨガをやるんだよ。」 みんな元気だなー。 アタシの渡航先は21カ国、まだまだひよっこだよ! 

ワインテイスティングパーティ

昨日は外国人記者クラブで催されたワインテイスティングの集まりに行ってきた。


グラス片手に次々とワインを試飲するのだけれど、ちょっぴりずつなのに次第にほろよい気分になってきた。 ワインを飲むことは大好きなのだけれど、正直、等級とか年代はまったく分からないし何度教えてもらっても覚えようとしない。 だって 「シャトーなんとかの」「ヴィンテージは何々で」って聞かされただけで考えながら飲んじゃうもん。 何も知らずに飲んでみて美味しいか美味しくないか、直感で感じられればそれが自分の好きなワイン。 データはあとからついてくるだけでいい。



















会場ではチーズや生ハムなどが売られていて、ワインよりこっちの方がかなりなお手頃価格、感動してしこたま買い込んできた。 



















ワインについてもっと詳しくなるかと意気込んで行ったけど、結局色んなワインを飲んだだけでなにも勉強しなかった夜だった! 

2010年7月20日火曜日

オキニ

箱根のホテルにあったルームフレグランスが凄くいい匂いだった。

ドイツのLinariというブランドらしい。 いろいろ種類があるけれど、この香りとても気に入ったので早速買ってみた。 友達の家に招かれたときその家それぞれ違う匂いを感じる。 いい匂いがすると密かに感動する。 でも、「これ何の匂い?」ってなかなかストレートに聞けないもの。 ルームフレグランスってなかなか良いものがなかったけどこれは嫌味のないフローラルブーケノートで、なおかつ精神的に元気になれそうな香り。



LINARI 
http://www.fits-japan.com/linari/

2010年7月19日月曜日

箱根に行ってきた

三連休は箱根へ。


小涌谷にある「翠松園」は2年ほど前に出来た新しいホテル。 広い敷地にヴィラのようなゲストハウスが点々と建っている。


着いた日に梅雨が明けて箱根もさすがに30度を超える暑さだったけど、風が吹くと涼しいのでゆったりと過ごすことが出来た。


外見は「和」で、ゆったりとしたゲストルームは超モダンなつくり。 アタシは「失礼しまーす」といきなり人が入ってくる日本の旅館のサービスがどうもニガテ。 上げ膳据え膳より、こういうホテルの「ほどよくほっといてくれる」有り難さを選ぶよ。


ところで部屋にあったエスプレッソマシーン、これは本当に便利! うちにも欲しいわ。






バルコニーには掛け流しの露天風呂がある。 ひゃー極楽。


露天風呂からの景色ってたいがいが裏山とか、雑木林なのだけど、ほんとに誰もいないのかなーと
いつも林の間を目を凝らして見てしまう。 



食事は敷地内の別棟で。 この建物だけ三井家の別荘を残して造ったのではないかと思う、京都の町屋を思わせる趣のある一軒家。 美しい器に盛り付けられた料理は絶品!

ところでこのホテル、どうみても親子じゃないなぁって思うような歳の離れたカップルとか、それ系のカップルが多かった。 プライバシーが完全に守られているつくりだからお忍び関係のゲストが多いのかも。 いや、別に観察してるわけではないけど食事しててもヒソヒソした会話ですぐ分かるもんね。(やっぱり聞いてるし。) 



















とにかく天気が良すぎてまたもや光合成してしまったらしい。 首に巻いてるのはバスタオルじゃなくて日焼け防止だから、いっとくけど。


翠松園
http://www.hakonesuishoen.jp/

2010年7月14日水曜日

ビーフ喝!!

今日はイノダコーヒでビーフカツサンドを初トライ!















ローカーボダイエットがどうのこうのって御託並べてるわりに結局食ってるやん!とツッコミは勘弁してくださいまし。 アタシへなちょこだなー。 隣にいたオバサマ二人の視線を感じながらいただきましたが超美味い! でもこれで1,890円っていうのは・・・さすが京のお方はええ商売してはります。

PS iPhoneを今さらアップグレードしようとしたらPCが言うこときかず2時間もかかってしまった。 iPodはフリーズして本体の体温が上がってしまい(ヤバイし)、なんだか周りの電子機器がやられてる。 先々週は睡魔にやられ、先週は飲みすぎにやられ、今週はIT関連にやられ・・・ とほほだよ。

2010年7月13日火曜日

ローカーボダイエットについて

ある女性ブロガーの、驚愕の旅日記と食生活をかなり昔から拝読していた。(この旅と食へのパワーすごい!) メールも送って返事もいただいたことがある。 

毎月国内・海外へ旅行し、パワーのかたまりだったそのかたが糖尿病になってしまったのを最近のブログで知る。 食いしん坊ならそのショックは計り知れないものと察する。 そしてその筋の権威というお医者様のクリニックへ行かれ食生活を一変するべく努力されているらしい。 それがローカーボダイエット。

この食事療法は、炭水化物、糖分を最小限に減らし、高たんぱくな赤身の肉や魚、玉子、植物性油、緑黄色野菜をとるというもの。 この先生の本を読み、あらためて世の中の加工食品と言われるものの殆どに大量のお砂糖が使われているというのを知る。 

(コンビニのゆで卵は砂糖に浸けて味をよくしているし、ベーコンやハム、ソーセージも水あめを使っている! ポン酢もゆずでなくて甘いみかんと砂糖を使っている。 一部の野菜、果物も糖分が高いとこの本にある。) 


格闘家の知り合いは、カラダつくるときは炭水化物をやめて肉食獣に徹するという。 油より炭水化物や糖が体内脂肪をつくるという原理。  アタシは家で、主食のごはんやパンを食べなくなったけど、もともと主食がなくても大丈夫だし甘いものもそんなに食べないので、外食続きになると自己流でやってるダイエットの考えかたが同じでちょっと驚き。 でもこれ、お菓子やご飯が大好物な人にはかなりきつい食事療法かも。

ネット上ではお決まりの、賛否両論があるみたい。 もちろんこれは糖尿病の人のためにあみ出された食事療法なので、誰にでも当てはまるものではない。 それぞれの体質に合った食生活をするのが一番大切だけど一番合うやりかたに気づくかどうかがポイントだとおもう。 

おばあちゃんになるまで生きたくないなぁーやることやったらもういいやね、なんて今まで思ってたけど、実は長生きしたいのかもアタシ・・・。


クリニックのHP
http://www.suko-clinic.jp/araki1.html

2010年7月11日日曜日

定例パーティin 表参道

今日のお昼は、ピラティスの先生主催のパーティへ。 ピラティスはプライベートレッスンなので、年に一度のパーティで他の生徒さんに会うのが楽しい。 今年で3回目になるのでアタシも3年以上続いている唯一の運動習慣だということ。 みなさんとってもマジメにエクササイズしているかたばかりでした。



















レストラン「バンブー」は、表参道の教会の角を曲がったところに30年以上前からある、サンドイッチのレストランだったのですが、リニューアルして一軒家レストランになっていました。 こぢんまりしていて素敵なつくり。 
















































恒例のビンゴ大会が始まる。 今年は美味しそうなメロンをゲット! 我々のテーブルは飲める方々が多くてテイスティングの会のようにテーブルはグラスだらけに。 そして、皆さん旅好きな人ばかりで話題はもっぱら旅の話に。 

PS 本当は今日の夜にもうひとつ呼ばれていたパーティがあったのだけれど、バンブーから家に帰ったらぐったり、起きる気力もなく行くことはやめました。 先週からちょっと飲みすぎです。 反省!

バンブー
http://www.bamboo.co.jp/omotesando/

2010年7月10日土曜日

着物会に行ってきた!

ためていた先週の出来事を一気にアップします。
ってことで、着物の会に飛び入り参加してきました!


このオフは結構すごい人数であります。 月に一度、お集りだそうです。


いやー負けそう。 みなさんお酒を飲む飲む。 マダムたちすごい迫力!!!!


着物自慢の方々がたくさんいらっしゃる。 勉強になりますな。


今日アタシは飛び入り参加なので、ジーパンで参加! ジーパン浮いてた・・・。
男性の方々、粋でした。 日本男子の和服って、かっこいい!


初の和のオフ会は意外と楽しかった。

来月は是非、浴衣でGO!!! 

オーストラリア大使館でチャリティコンサート

今週は、三田にあるオーストラリア大使館でチャリティパーティとコンサートが行われて出かけてきた。




















レセプションは広い中庭にて。 しだいに人が集まってきた。 















大使館の中庭のしつらえは日本風、でものびのび育った野性的な木が沢山生えていて、さすが自然王国オーストラリア。 木のあるところは蚊がいっぱいで散策も退散。 アタシはものすごく蚊に刺されやすいのです。

レセプションでオーストラリア・ワインをいただいたあとには、館内のホールで川畠成道さんのバイオリンコンサートが行われました。 ツィゴイネルワイゼンを生演奏で聴いたのは初めてだったので嬉しかった! 



















ところで、このホールに飾ってあった2枚の絵がとても可愛かった。















上はマラソンのゴール、下は競馬場かな? 写真は色がくすんでしまったけど実物はもっとカラフル。 観客ひとりひとりが細かく描かれていて素敵。アタシはJames Rizziとかこういう細かい絵が大好き。